当店のお仏壇はどのような祀り方にもご利用頂けます

■ 仏式
各宗派により異なりますが、掛軸や仏像などを中心に宗派の教えに沿った祀り方が多く利用されています。


■ 神式
神鏡と霊璽をお祀りします。


■ キリスト教
十字架や写真など祭壇を設けて日々の祈りを捧げるかたちになります。


■ 自由に故人を偲んでお祀りする
仏像や掛軸などは一切置かず、故人の写真や位牌、身近に感じる物などを置いてより近く感じられるお祀りするかたちになります。

お仏壇の購入時期は?

【 特に決まった時期というのはございません 】
実際にお客様がお仏壇を購入されのは下記の時期が多くみられます。


■ 四十九日までに
四十九日法要までに本位牌を作り、お祀りします。
お位牌を置く場所や故人を供養する場所として購入を考えられる方が多くいらっしゃいます


■ 年忌法要までに
法要は仏壇を前に親戚が一同に会する機会でもあり、お仏壇が古くなって汚れや痛みが目立つ場合などこの機会に合わせてお仏壇のお洗濯をお勧めいたします


■ 新築・改装時に
この機会にお仏壇の購入をお考えの場合は、お仏壇を設置する場所を決められる前にお仏壇をお選びになることをお勧めいたします。

お仏壇をお祀りするのに何が必要?初めてご購入される方は全く分からない事かと思います※まずは宗派をご確認下さい

■ 仏式の場合の基本的に必要な物
お仏壇 / 五具足 / 位牌 / りん、りん棒、りん台 / 掛軸 / 仏像
過去帳、過去帳台、線香立などはお祀り方により異なります


■ 神式の場合の基本的に必要な物
神鏡 / 霊璽など


■ キリスト教の場合の基本的に必要な物
十字架 / その他お祀り方により異なります


■ 自由にお祀りする場合の基本的に必要な物
フォトフレーム / 五具足 / その他お祀り方により異なります

お仏壇 (お祀り方によってタイプをお選び頂けます)

お仏壇には様々なタイプがございます
お部屋のインテリアに合った、またお祀り方によってお好きなお仏壇をお選び下さい



ハイタイプ仏壇

コンパクトタイプ仏壇

オープンタイプ仏壇

壁掛け仏壇

仏具

■ 五具足
○お好きなタイプをお選び頂けます
花立、火立、仏飯器、茶湯器、香炉がセットになったものを五具足と呼びます。
日常お祀りに必要な仏具となります


■ 仏像
○お祀り方によりお選び頂けます
仏像は設置される方とされない方がいらっしゃいます


■ 掛軸
○基本的に仏式に用いられます。掛軸は宗派により内容が異なります
1幅のみご利用される場合もございますが、3幅セットでご利用される場合が多くみられます
※下記画像は3幅セットの場合の掛軸の仏画です。1幅の場合には中央の仏画となります




■ りん / りん台 / りん棒
○基本的に仏式に用いられます。お好きな物をお選び頂けます
ち~んと響く音色など、それぞれのデザインがあります様に音も違います。
ショールームへお越しの際には、音色をお確かめ下さい

仏壇づくりの素材について

仏壇や家具を作る木には、自然素材以外にも商品用途によって人工材が使用されます。 内部を構成する「構造材」と構造材を覆う「化粧材」があり、それぞれ長所と短所を把握して、最適な材料を選びます


【 構造材 】

■ 無垢材(むくざい)
木材をそのまま切り出した物で構造材と仕上材を兼ねる事があります。木そのももの温かみや風合いが人間の波長に合う事から根強い人気があります。湿度の影響を受け、反りやねじれ、割れが生じやすいという欠点や環境保全や伐採制限の影響で流通量が減少、良質の材料は高価になるなど、天然由来であるがゆえの問題もあります


■ MDF(中密度繊維板)
木のチップを繊維状に細かくほぐしたものに樹脂を混ぜて加圧成型した多機能ボードのこと。一般的な家具の芯材として世界的に多様されています。最大の利点は、反りやねじれ、割れといったような欠点を補った材料であるという事。また間伐材を使用するため、エコロジーな材料でもあります。ですがMDF単独では耐久性が低く、表面を塗装や化粧を施して使用する必要があります


■ 合板(プライウッド)
一般に「ベニヤ」と呼ばれる物で、薄くスライスした原木を互いに木目が交差する様に重ね、接着剤で貼り合せ、1枚の板にしたものです。表面を化粧材で仕上げるのが一般的です。


■ フラッシュパネル
木材で作った芯材の両面に薄い合板などを接着し、パネル構造に加工したもの。少ない資源を有効に使う工夫から生まれた日本独自の技術。軽くても大きな強度が得られるという利点があり、表面を化粧材で仕上るのが一般的です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【 化粧材 】

■ 無垢材(むくざい)
切り出した表面がそのまま仕上げ面となり、人工的には作り出せない木目や色調、手触りが人気です


■ 突板(つきいた)
天然の原木を桂剥きの様に薄くスライスした物。家具に使われるもので厚み0.2~0.3mm程度。MDFや合板に圧着して仕上ます。木目が揃いやすく、良い木目だけを選別できるので無駄が少なくてすみます。


■ 化粧合板
ベニヤなどの合板の表面に様々な方法で化粧処理した特殊合板の事をいいます。「天然木化粧合板」と「特殊加工化粧合板」に大別され、「特殊加工化粧合板」は基材となる合板にメラニン樹脂やポリエステル樹脂を圧着し木目を印刷したものや紙や布に柄を印刷して圧着したものなど様々な物がありますが、印刷なので色柄にばらつきが無く、統一感のある仕上がりになります。

木の良さを最大限に活かす塗装

■ ポリエステル塗装
透明度の高い塗膜で表面を厚くコーティングする塗装です。光沢があり、耐薬品性、耐水性に優れており、ピアノなどの塗装に使用され、光輝く美しい鏡面が特徴です。
【お手入れ方法】ほこりを払ってから、柔らかい布で乾布拭きしてください。


■ ウレタン塗装
数ある塗料の中で最も古くから使われてきた塗料です。塗膜は、繊細でしっとりとした仕上がりになります。乾燥が早く作業性が良いため、建材や内装などで使われます。
【お手入れ方法】洗剤や薬剤などを使わず、乾いた布で拭いてください。


■ ラッカー塗装
表面をウレタン樹脂の硬い塗膜で覆う塗装です。塗膜は密着性があり、耐薬品性、耐水性に優れており、着色と仕上がりの艶を様々に変える事ができるので、家具や建材などに幅広くしようされています。
【お手入れ方法】普段のお手入れは乾布拭きだけで充分です。


■ UV塗装
UV(紫外線)の照射により硬化する塗料を使った塗装です。ピカピカの鏡面に仕上ます。耐薬品性、耐水性に優れており、車の内装などに取り入れられています。
【お手入れ方法】ほこりを払ってから、柔らかい布で乾布拭きしてください。


■ オイルフィニッシュ
素材を活かすには最善の塗装です。オイルが木材の内部に染み込んで硬化するため、木の呼吸を妨げず、自然な風合いに仕上がります。手触りが滑らかで木材の特徴や美しさがそのまま表現されます。
【お手入れ方法】普段のお手入れは乾布拭きだけで充分です。


■ ウレタン塗装
表面をウレタン樹脂の硬い塗膜で覆う塗装です。塗膜は密着性があり、耐薬品性、耐水性に優れており、着色と仕上がりの艶を様々に変える事ができるので、家具や建材などに幅広くしようされています。
【お手入れ方法】湿度影響を受けるため、水などをこぼしたら直ぐに拭き取ってください。 また定期的にオイルを塗る事をオススメ致します。