仏壇って何のためにあるのでしょうか?


仏様を祀るもの。簡単に言えばそういう事なのですが。
亡くなった方やご先祖様を祀るもの。そういったお答えが一番多くみられます。
多くの方は身近な人が亡くなって、初めて真剣に仏壇の事を考えます。
つまり、仏壇は亡くなった方のため、先祖供養のためにあるようなもの。
言い換えれば残された遺族が心安らげるためのものと言って良いかもしれません。
現在、信仰を中心に暮らす方は少なくなり、お葬式やお仏壇購入時に宗派を探す。
そのため言われるがままに準備するという事が多く見受けられます。
身近な方が亡くなった時に残された者が供養する時に何をしなければならないのか。
祀るという事は、私たちを生み育ててくれたご先祖様に感謝する事なのではないでしょうか。
お仏壇は宗派のご本尊、先祖のお位牌を祀る大切なアイテムの一つです。

 仏壇のルールってあるのでしょうか?


仏間の無いマンションや家は年々増えてきています。
そういった住環境の変化に伴い、仏壇のデザインや祀り方もずいぶん変化してきました。
宗教心のある方は、ご本尊やお位牌等をその宗派のルールに則って用意されますが、
お仏壇はあくまでその物を入れるアイテムですから、デザインや形式を重要視する必要はありません。
お寺によってはご本尊をしっかりと祀って下さいといわれますが、仏壇の事は言われません。
自分の心、気持ち次第で状況によって合わせた方法で良いので、お仏壇にルールはありません

 カジュアルな仏壇でお寺に怒られませんか?


お客様に「故人を供養したい」という気持ちがあるのですからそれで十分です。
信仰の対象の場合でも、ご本尊を間違わなければ問題ありません。
ギャラリーを訪れたある御住職は「現代の生活空間に合ったものが出てきたのはすばらしいことです。
仏壇小さくてもいいから一番身近な所に置くよう檀家さんにお話しています。
このような固定概念にとらわれないアイデアは良いことですね」と仰ってくださいました。
今の時代は自分の価値基準で決め、きっちり祀って頂ければ良いのではないでしょうか。

 現代仏壇って家具に比べて値段が高いのは何故?


お仏壇の価格については、お客様からよく聞かれる質問です。
例えば、現代仏壇の場合ですと、まず製造元の違いで価格が違ってきます。
現代仏壇は同じ位の大きさの家具に比べて3倍以上の部材を使用し、構成されています。
塗装一つをとっても、家具の場合にはある程度組み上げてから塗装しますが、
現代仏壇の場合は、一つ一つの部材に塗装を施し、それを組み上げます。
職人の手によって作られる部分も多く、それだけ細部に気を配った手の込んだ造りになっています。
良質な部材を腕の良い職人が手間を掛けて造りますので、質の良いお仏壇ができる代わりにお値段も高くなってしまうのです。
また最近では、家具調仏壇が様々な販売ルートで販売されています。
なかには驚くような安価で販売されている物があります。
このような安価な商品の場合、その多くは海外生産品だと考えておかれる方が良いでしょう。
海外生産品の場合、国産に比べるとまだまだ品質管理が行き届いてない物があります。
しっかりと品質を見定めた上で購入される事をオススメ致します。
当店の商品に関しましては、品質管理や商品の点検も怠らず行っております。

 身内で不幸があった時の購入時期は?


できれば忌明けの49日までにお位牌やお仏壇は揃えたほうがいいでしょう。
でもお葬式などで予算をオーバーしてしまった時、
一周忌を目安に購入されるといいのではないでしょうか。

 仏壇の安置場所や向きに決まりはありますか?


宗派や昔からのしきたりなどによって様々な考え方があります。
しかし、ご家族が落ち着いてお参りできる場所をお選び頂くのが一番です。
※仏壇は木製なので、直射日光の当たる場所や湿気の多い場所は避ける様にして下さい。

 買い替えの時、古くなった仏壇の処分は?


買い替えのお客様には、当ギャラリーで古仏壇のお引取りをしています。
仏壇の引き出し等を入念にチェックし、大事なものがないか点検し、
その後、責任を持って提携寺院でお焚き上げさせていただきます。

 キリスト教や神道でもお祀りできますか?


お仏壇は宗教、宗派にとらわれず、お祀りできる場所としてお選び頂いております。
キリスト教の方でもお位牌を作られたり、
お線香を上げにくるお客様のために仏具一式をご用意される方もいらっしゃいます。

 お位牌を作るときにはどうすれば良い?


宗派にこだわらず、俗名で作られる方が増えていますし、
ご自身でオリジナルを作られる方もいらっしゃいます。
宗派の様式どおりに作られる方も、どんな場合でも当店スタッフにご相談下さい。

 位牌がたくさんあるのですが、一つになりませんか?


数人の方をお祀りできる回出し(くりだし)位牌や過去帳にまとめることができます。
また、33回忌や50回忌の済んだ方のお位牌は、
ご先祖様の位牌としてまとめてお祀りするという方法もあります。
詳細などは当店スタッフへお尋ね下さい。

 新盆とは何ですか?


忌明け後、初めて迎えるお盆が新盆です。
故人が亡くなってからまだ日も浅く、追悼を新たにするためにとくに手厚く供養します。

 新盆提灯とは何ですか?


新盆提灯は白張提灯とも呼ばれ、普通の盆提灯は毎年お盆に使われますが、
この白張提灯は、新盆の時にだけ使います。
家の軒先や家の中の窓際よりに、天井から下げてお飾りします。
送り火の時にその火で焼却処分して下さい。
火で燃やすことができないところは、ビニール袋に入れて普通ゴミとして
処分しても差し支えありません。

 忌中と喪中って何ですか?


忌中は亡くなってから49日までの期間をいい、
喪中とは亡くなってから一年間を言います。